日差しによる熱を減らせるよ!!都会に緑を増やせるのもメリット!!

屋上に照り付ける日差しからの熱を軽減

太陽の日差しが非常に強く照り付ける時があります。冬はそれによって暖かさが得られます。しかし夏は暖かさを通り越して暑さをもたらします。オフィスビルやマンション、その他の住宅などだと、屋上に近いところは非常に暑くなります。生活をするために部屋の温度を下げる必要が出てくるので、その分電気代がかかります。多くの建物がありますが、それぞれの建物で太陽の熱による問題があります。それを軽減できる仕組みとして屋上緑化があります。通常屋上にはコンクリートがありますが、その上に土や植物、水を流したりします。それによって熱が直接下の部屋に伝わらないようになります。これまでのように、強い冷房を使わなくても生活ができるようになります。

都会に少ない緑を増やせる

生活しやすいように街を作ろうとすると、道路からは土を取り除いてアスファルトを設置します。自然から緑を伐採して住宅やビルなどの建物を建てます。さすがに全く緑がないのは問題と多少緑を設置しますが、オフィス街では緑の量が圧倒的に少ないです。緑は二酸化炭素から酸素を作るなどの作用があるので、もっと緑を増やす必要があります。そこで設置を進めたいのが屋上緑化です。ビルの上などは通常はコンクリートなどですが、そこに植物を植えて緑を増やします。建物を建てるために緑を無くしたとしても、ビルの上に緑を設置すれば幾分緑の影響を残せます。緑だけでなくベンチなどを設置しておけば、ビルや建物を利用する人の憩いの場にもなります。

屋上緑化のメリットとは、都市の温度上昇化対策と温暖化対策が揚げられるが、人間の心理的な癒しの向上にも役立ちます。