あなたにぴったりの犬に出会おう!犬の里親サイトの活用

犬とペットショップ以外で出会う

犬を飼いたいな、と思ったときに思いつくのはどこでしょうか?ペットショップ?ブリーダー?ぜひそこに「犬の里親」も候補に入れてみてください。

犬の里親になる方法とは?

犬の譲渡会が全国各地で行われています。実際に犬を見て、現在の仮親さん(里親に出会うまで面倒を見てくれる方のことを呼びます)に普段の様子や性格などを詳しく聞くことができます。WEBでも里親探しは行われていますので、直接仮親さんに連絡をして、お見合いをすることができます。犬によっては、単身者やお子様のいるご家庭はNGとしているケースもありますので、事前に条件をチェックするとよいでしょう。

犬の里親になるためのトライアル

人間と同じで犬にも相性があります。実際に暮らしてみたら、思っていたのと違った、というケースもあるでしょう。しかし、犬は命のあるもの。そこで放棄することは許されません。許されないといっても、虐待や遺棄などの問題は常に生じています。そんなことにならないように、犬の里親にはトライアル制度があります。

実際に犬と暮らしていけるかを確認する、試用期間を設けるというシステムです。ここでうまくいけば、その後長く一緒に暮らしていける自信もつくことでしょう。

犬の里親になるための費用

多くの場合、金銭による譲渡は行っていません。必要なお金は、実際にその犬が受けたワクチンなどの費用の負担、それから寄付金などです。子犬の場合、去勢・避妊手術を必須としているケースも多いので、ある程度大きくなったら、飼い主負担で手術を受けさせます。おおよそ10万円程度の初期費用がかかわるとされています。

相性のいい犬の里親になり、ぜひ犬との暮らしを楽しみましょう。

ペットショップを開業するためには自治体への届出が必要で、常勤の動物取扱責任者を1人以上設置する義務があります。