きちんと手入れをしよう!機械式時計を長持ちさせるには?

日常的な手入れは欠かさず行おう

機械式時計は手入れの仕方によって寿命が著しく変わります。湿度の変化を嫌うので、使ったときには乾いた布で拭いて汗や水分を減らし、乾燥していて日が当たらないところに置いておくのが大切です。着用中も汗や雨で濡れてしまったらすぐに拭き取るようにしましょう。保管するときにはシリカゲルなどの乾燥剤を一緒に入れておくと梅雨などのジメジメとしたときには効果的です。また、機械式時計のベルトは消耗品なので、古くなって汚れてきたときには交換しましょう。そのまま使い続けていると、ベルトに付着している汚れが原因で風防の中まで汚染が進んでしまうリスクがあります。内部の機械を守るという考え方で手入れをすることが大切です。

オーバーホールをしよう

機械式時計は常に時を刻んでいて、風防の中では歯車などが絶えず動いています。機械的な動作をしている以上は摩擦などで劣化してしまうことは否めません。定期的に時計職人のところに持って行ってオーバーホールをしてもらうのが大切です。オーバーホールをしないと、ある部分の劣化が他のところに影響して劣化を促進してしまい、時を正確に刻めなくなってしまいます。風防なども傷ついたり歪んだりしてだんだんと埃が内部まで入るようになってしまう可能性もあるでしょう。オーバーホールは毎日使っているなら三年に一回程度、時々使っているというくらいなら五年に一回程度でも十分です。丁寧に扱っていれば何十年も使える時計なので手入れを欠かさないようにしましょう。

ウブロは世界的に有名な腕時計のブランドで、ひとつあたり100万円を超えるものもあります。この時計を身につけていれば一流の人だと思われます。