種類が豊富だからこそ迷う!犬の服の選び方は?

まずはサイズ感を重視

犬の服でまず重視したいのは、サイズ感です。体を圧迫するほどきつい服では苦しいですし、逆に緩すぎると見た目がだらしないだけでなく転倒などの危険性も増します。特に若い犬は体がすぐ大きくなるので、使っている服が合わなくなる可能性が高いです。そんな時に、買い替えず無理矢理着させていると犬もストレスが溜まってしまいます。服は高価な商品もありますが、体のことを第一に考えて合わなくなったら買い替えるのが正解です。

一種類だけでなく数種類用意する

犬の服は一種類だけだとやや不十分だと言えます。毎日同じ服を着させていると、皮膚炎などのトラブルが発生するかもしれません。犬は平気で地面に寝転んだりするので、体が汚れやすいものです。また、季節や天候によって服を使い分ける必要性もあります。例えば雨天時の散歩は水を吸収しないタイプの服が望ましいですし、暑い夏は通気性の良さが求められます。犬自身はお洒落を楽しむという感覚はありませんが、数種類持っていると飼い主も楽しめます。

性別が分かるような色が望ましい

雄は青、雌はピンクなどなるべく一目で性別が分かるような服が望ましいです。動物は顔を見ただけで性別を判断できないので、服で判別できるようにすると楽です。同じ犬種を複数飼っている場合は、それぞれ違う服を着させると楽に見分けられます。また、ドッグランなど他の犬と触れ合う機会も時にはあるので、性別を周囲に知らせてあげることも大切です。性別を知らせることで、犬同士の不用意な喧嘩を防ぐことができます。

犬の種類によって毛の長さや毛の質は様々です。毛がほとんどない犬種もいますから、そういった寒さに弱い犬には、犬の服が有効です。