犬を飼う前に知っておきたい!いろいろな買い方

犬を買う時には3つの方法がある

犬を買う方法は主に3種類あり、ペットショップで買う方法、ブリーダーから買う方法、ネットで買う方法です。まずペットショップで買う方法の一番のメリットは、目の前で実際に見ることができるという点です。画面越しでは分からない細かい体の特徴なども見ることができるので、「目の前でじっくり見てから決めたい」という方にはふさわしい方法でしょう。またお店を選ぶ時は、口コミや評判を事前に調べてから行く方が安心してワンちゃんを選べます。そしてブリーダーから買う方法やネットで買う方法は特に、口コミや評判を事前に調べておく必要があります。実際に見ることができない分、この2つは事前のリサーチに時間をかけましょう。

子犬を選ぶ時に気を付けたいこと

犬全般を買う時に重要なのが、元気で健康的なワンちゃんを選ぶということです。肉付きがしっかりしているか、目や耳などがきれいになっているかなどをチェックするのが良いでしょう。このあたりがしっかり整っているワンちゃんだと、しっかりとした環境で育てられていることが分かります。そして買いたい犬種の子が複数いる場合は、比較しながら検討しましょう。また子犬を買う時に注目したいのが、生後6週間ぐらいたっているかどうかという点です。子犬はおおよそ生後6週間たつと情緒が安定するとされています。安定した状態の子の方が新しい環境でも育てやすいので、できれば生後6週間たっている子を選びましょう。さらに犬に詳しい人に情報を聞いたり、実際に付いてきてもらうことができればベストです。

散歩をしなくてもよい、などの理由で犬を飼う人より、猫を飼う人が増えています。癒される子猫販売なら神奈川県のペットショップで。